個人様

  • HOME
  • 個人のお客様
第1警戒線(外構付近)の防犯について

1第1警戒線は、敷地との境目の外構部分です。侵入者は、まず留守なのか侵入しやすいのか外からチェックします。ですから、目に訴える防犯対策が有効となります。

・庭の植栽は剪定されておらず外から中が見えない
・塀が高く、中の様子が外から見えない
・新聞や郵便が貯まったままになっている
・隣の家の屋根や、よじ登れるような足場がベランダに近い

上記に当てはまる項目はございましたか?
不安に感じられた方は、ぜひ当社おすすめの防犯プランや防犯設備を参考にご覧ください。

 

【防犯プラン】
→死角を調査し、侵入を検知する設備や目に訴える抑止効果を発揮する設備を設置する
①防犯砂利を設置
②センサーライトを設置
③テレビドアホンを設置
④センサーを設置
※他多数の対策があり、お客様のお住まいに合わせてご提案します。

第2警戒線(住宅の外周付近)の防犯について
2

第2警戒線は、敷地との境目の外構部分です。
侵入者は、まず留守なのか侵入しやすいのか外からチェックします。ですから、目に訴える防犯対策が有効となります。

・予備の鍵は屋外の玄関付近に隠している
・扉には明かり取り用のガラス部分がある
・裏口が外から見えにくいなど死角があり、見晴らしが悪い
・鍵穴はノブと一緒になっている
・ドアの隙間からかんぬきが見える

上記に当てはまる項目はございましたか?
不安に感じられた方は、ぜひ当社おすすめの防犯プランや防犯設備を参考にご覧ください。

【防犯プラン】
抑止効果を発揮する設備はもちろん、光や音で侵入者を威嚇する設備を設置する

①センサーライトを設置
②カメラを設置
③サイレン・防犯ベルを設置
④センサーを設置

※他多数の対策があり、お客様のお住まいに合わせてご提案します。

第3警戒線(住宅の内周付近)の防犯について
3第3警戒線は、敷地との境目の外構部分です。

侵入者は、まず留守なのか侵入しやすいのか外からチェックします。
ですから、目に訴える防犯対策が有効となります。

・扉・窓には鍵が1つしかついていない
・雨戸は面倒なので閉めていない
・ドアチェーン、ドアホンはついていない
・外出先から夜戻ると我が家は真っ暗である

上記に当てはまる項目はございましたか?
不安に感じられた方は、ぜひ当社おすすめの防犯プランや防犯設備を参考にご覧ください。

 

【防犯プラン】
→ドア・窓・サッシのような開口部に、侵入できないまたは侵入に時間がかかる設備を設置する

①防犯フィルム・防犯ガラスを設置
②防犯格子を設置
③錠前を設置
④ホームアラームを設置

※他多数の対策があり、お客様のお住まいに合わせてご提案します。